メルマガ購読・解除
 

© 三崎港えいあん丸 All rights reserved.

ワラサの漬け丼

せっかく釣った魚なんだから、生で食べたい、だけどそうそうお刺身ばっかりじゃ飽きちゃうわけですよ、
またお客さんが食べきれないからとワラサを置いて行ってくれたので、目先を変えて漬け丼で、お手軽レシピを紹介、

まずは、切り身を漬けるタレを作ります、
基本は醤油、みりん、酒を同量づつ、それを煮切ってアルコールを飛ばすんだけど、
面倒くさいので、レンチンで、700wで1〜2分、タレの端っこが泡立つくらいで止めて冷やせばオッケー
個人的には漬けには九州の甘口醤油とかが良いんだけど、切らしているので、温かいうちに三温糖を少し投入、
冷めてからチューブのすりおろし生姜をお好みで(うちは結構入れる派)

隠し味に、何かと重宝するので常備しているねこぶだしとお客さんから貰った超高級醤を投入、
こんなん入れたら美味くなるに決まってるじゃん(笑)
(すだちを絞っても美味しかったなぁと後から後悔、ここら辺は色々試してね、どうせ食い切れないほどあるじゃんワラサ…)
ワラサは通常のお刺身よりも太め大きめの方が食べ応えあって良いです、
それを先程の漬けダレに投入して小一時間ほど漬け込みます
冷蔵庫を漁ってたら先日お客さんに貰った(貰ってばっかやがな)マゴチがあったので、これもお刺身にして2色丼に変更
海鮮丼には厚焼き卵を添えるのがウチの決まり(俺がルールだから!)
ちなみに卵2個に白だし大さじ1、砂糖大さじ半分の甘め仕様(実際は目分量)
ふんわり感を出すためにはんぺん1/2をみじん切りにして混ぜてます
ガリは家内のお手製、こういうのはやっぱり家内に勝てないんだよなぁ
(と、きっちりフォローしてるところを誰か家内に伝えてね)
あとは酢飯に盛り付けて、さっき家内に擦ったのとは別の胡麻を散らせば完成、
わかめと小エビをねこぶだしでお吸い物にしてみたけど、これは失敗、この時期の小エビはなんかオキアミに脳内変換されちゃって…(爆)

レシピ載せるまでもない定番料理でしたが、何かの参考になれば、
お試しください

関連記事

201812/5

えいあん丸紹介

釣りものと料金、出船時間など、 三崎港えいあん丸は、通年鬼カサゴを淡々と狙う船宿です。過度な期待はしないでください。あと、出船30分前には船…

201812/5

お問い合わせ

えいあん丸へのお問い合わせ、ご質問、リクエスト、仕立てのご相談など、 こちらからお願いします [contact-form-7 …

20214/6

ご予約の前にお読みください

ネットからご予約いただく前に、 乗り合い船は3名様からの出船になっています、 出船の可否は前日夜7時頃までには決定します、 悪天候の場合や予…

201812/4

これからの出船予定

感染防止に最大限配慮しながら出船してします                        ご予約お待ちしておりますm(_ _)m     …

201812/5

アクセス方法

電車でご来船のお客様 送迎バスは7:00頃、三浦海岸駅改札を出て右側,Times駐車場に到着します 特にご連絡がない場合、7:00に集合し…

201812/5

割引ページ

携帯、スマートフォンの方は、会計の際、このページを表示すると500円割引いたしますパソコンでご覧の方はこのページを印刷してお持ちください …

ページ上部へ戻る