メルマガ購読・解除
 

© 三崎港えいあん丸 All rights reserved.

甘くて美味しい鬼カサゴ汁(再掲載)

甘くて美味しい鬼カサゴ汁

小さな鬼カサゴを釣った時に、「これはリリースしたほうがいいですか?」ってきかれます、キープとリリースに明確な基準はありません、リリースしても海底に着くまでにサメの餌食になる可能性もあります、「食べられる」と思ったらキープです、ただし、大切にいただいてください、持って帰ってきたけど食べ方がわからなくて腐らせる、なんてもってのほかです、

この項では、小さな鬼カサゴで「甘くて美味しい鬼カサゴ汁」を作っていきます、も一度いいます、「甘いです」

用意したのは体長尻尾の先まで30cm、0.3〜4kgのキープかリリースか迷うサイズ、

まずは下ごしらえ、背びれとエラ、尾びれにある棘の先端をキッチンバサミで切り落とします、

次にウロコを落としますが、ウロコが飛び散って嫌だという人は、流水で流しながら行うといいです、市販のウロコおろしはウロコを飛び散らしやすいので、包丁を使いましょう、

内蔵の処理ですが、普通の魚のようにお尻から包丁を入れようとすると、皮に弾力があるので文化包丁では難しいです、

先に頭を落とします、ヒレの後ろからエラの下に向かって斜めに包丁を入れます、反対側も同じ要領で頭を落とします、

落とした頭の方から包丁を入れて腹を割きます、内臓も処理すると美味しく食べられますので、捨てません、

頭を二つに割ります、

キッチンバサミの方が力もいらず楽に出来ます、

さばき終えた各パーツ、右下の肝は身と一緒に鍋に入れちゃいます、隣の胃袋はひっくり返してよく洗い、軽く湯がいてポン酢や生姜醤油で食べても美味しいです、個人的には「ワカメと白髪ネギと酢味噌和え」イチオシです、

頭と2〜3等分した骨を水を張った鍋に入れて火にかけます、

身の方は一口大に切っておき、後から入れます、

野菜の方も切っておきます、今回は「甘い」にこだわってます、家内がまとめて下ゆでして冷凍ストックしてあったカボチャ、しめじ、玉ねぎで、ほかに白菜や里芋、人参など、冷蔵庫にある野菜で大丈夫、

煮立ってくるとアクが出てくるのでこまめにとっておきます

ここで野菜を投入、

野菜に火が通ったところで甘酒投入、は?甘酒なんて嫌だ?

「甘くなる!」って、言ったでしょ、甘くて美味しいって、「甘い汁なんて嫌だ!」という方ここでお別れです、勝手に醤油でもソース入れてください、さては貴方、酢豚にパイナップルとか認めない派だな?

今日の分量は大きめの椀もしくはどんぶりで3〜4人分、それに対して甘酒はワンカップの半分くらい、味噌を大さじ2杯、お好みで塩少々、

最後に鬼カサゴの身を投入して、火が通ったら完成です、器に盛ります、

仕上げに白髪ねぎを添えて出来上がり、七味や山椒はお好みで、

全く同じ味付け、甘酒&味噌の組み合わせで「鬼カサゴ鍋」も美味しいです、

「甘くて美味しい鬼カサゴ汁」でした、ぜひお試しください

関連記事

201812/4

これからの出船予定

感染防止に最大限配慮しながら出船してします                        ご予約お待ちしておりますm(_ _)m     …

201812/5

割引ページ

携帯、スマートフォンの方は、会計の際、このページを表示すると500円割引いたしますパソコンでご覧の方はこのページを印刷してお持ちください …

201812/5

お問い合わせ

えいあん丸へのお問い合わせ、ご質問、リクエスト、仕立てのご相談など、 こちらからお願いします [contact-form-7 …

201812/5

アクセス方法

電車でご来船のお客様 送迎バスは7:00頃、三浦海岸駅改札を出て右側,Times駐車場に到着します 特にご連絡がない場合、7:00に集合し…

201812/5

えいあん丸紹介

釣りものと料金、出船時間など、 三崎港えいあん丸は、通年鬼カサゴを淡々と狙う船宿です。過度な期待はしないでください。あと、出船30分前には船…

20214/6

ご予約の前にお読みください

ネットからご予約いただく前に、 乗り合い船は3名様からの出船になっています、 出船の可否は前日夜7時頃までには決定します、 悪天候の場合や予…

ページ上部へ戻る