459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90

© 三崎港えいあん丸 All rights reserved.

思い出のコンピューター5〜X68000外伝「わが征くはMacの大海」

思い出のコンピューター5〜X68000落日篇からの続き

顧客管理ソフトのキモは「いかに日々の入力を簡素化できるか?」に尽きる、
今では、無料配布の年賀状ソフトもかなりの高性能、多機能化を果たしているが、おそらく大半のユーザーがその機能のほとんどを把握していないだろう、使わない機能など、操作性を損なう害悪以外の何物でもない、
私は2018年の今現在でも、ハガキを印刷する際には宛名のレイアウトが簡単な「宛名職人」にデータを移して印刷しているのだが、日々の乗船名簿の入力や顧客管理には自作の顧客管理ソフトを愛用している、MZ2500のBASICで最初のバージョンを開発して以来、幾度もそのプラットホームや開発環境を変えながらも脈々と30数年、改良を重ねてきた「作品」だ
(余談だが、最新版では、eian.jpの予約システムやiCloud上のカレンダーとも連動しお客さん自身が予約時に入力したデータを乗船券や座席表に印刷して新規のお客さんは新しいデータとして保存、以前に来たことのあるお客さんは既存のデータの来船時期を最新の日付で更新まで…ほぼ自動でやってのける、あとは電話予約のお客さんの手書きの乗船カードのみ、手作業で入力するわけだ)

X68000の「CARD PRO-68K」に開発環境が移った際に小躍りするほど嬉しかった機能が「複数のデータベースの値を串刺し管理する」機能だ(今では当たり前の話ではあるが)
つまり、顧客管理のデータベースとは別に郵便番号のデータベースを用意することで、顧客名簿に郵便番号を入力すると該当する住所に自動変換され住所の大まかな入力が省略できる、今では日本語入力の辞書の中に「当たり前」のように組み込まれている郵便番号辞書だが、1980〜90年代当時は「そんな虫のいい話」などどこにもあるはずはなく、自分で作るしかなかったのだ、

郵便番号は市町村の合併などがあるたびに少しずつではあるが変更されている、なので毎年秋に郵政省が最新の「郵便番号簿」を発表していて、申し込むと手数料数千円でフロッピーディスクに書き込んで送ってくれるのだ、だが、当時のX68000のスペックで膨大な全国の郵便番号データベースを抱え込んでいちいち検索していたのではラチがあかないし、友人たちのX68000にはHDDは搭載されていなかったので、お客さんの大半を占める、東京、神奈川、埼玉、千葉あたりに対象を絞ってデータベース化し、システムと顧客名簿データと郵便番号データをフロッピー2枚の2MBに収めなければならない、
住所録に5桁の郵便番号を入力すると、対応する市町村の一覧を表示し、その中から目的の住所をマウスやカーソルキーで選択するというシステムだった、

毎年秋に新しい郵便番号簿が届くたびに、顧客データを一斉検索し変更になった郵便番号データをピックアップして書き換えるソフトも自作して、自分と、仲間のX68000のデータを上書きしたものだ、
だが、この頃の郵便番号は5桁、一つの郵便番号に対して複数の住所が割り当てられているのだ、入力のたびに複数の候補から一つの住所をマウスで選ぶ手間が煩わしかった、
1997年に郵便番号が7桁化され郵便番号と住所が一対一で対応することが発表されると、いち早くシステムのバージョンアップにかかった、これで一覧表から住所を選ぶひと手間が省ける、喜んだのもつかの間、良いニュースと悪いニュースはワンペアでくるのが世の常なのだ、郵便番号の7桁化を機会に郵政省が配布する「郵便番号簿」を3.5インチ2HDのみに限定したのだ、
それまでは3.5インチと5インチ、さらには1D、1DD、2D、2DD、2HDなどこちらで希望するメディアを指定すればそれにデータを書き込んでくれていたのだが、確かにこれは面倒だ、市場の大半が3.5インチ2HDフロッピーに集約しつつあった1997年、むしろこれは正しい判断ではあったのだろうが、

X68000のフロッピーは5インチ、当然そのままでは読み込むことはできない、

かつてMZ2500からX68000に移行するときに味わった悪夢が今度は逆流の形で蘇ってきた、せっかく待ちに待った入力の簡素化の大チャンスが無駄になるだけではなく、今ある名簿の5桁のデータを7桁に変換しないことには、顧客管理システムとしては致命的だ、
なんとかX68000に接続できそうな外付けの3.5インチフロッピードライブを探すが、もとよりSHARPはそんなもの発売していない、最盛期には「満開製作所」や「ツクモ電機」から3.5インチドライブも発売されていたがいずれも当時主流だった2DDフォーマット、2HDのデータをX68000に読み込む手立てが見つからない、郵政省から送られてきた3.5インチのフロッピーディスクを前に焦燥感ばかりが募る、時は既に師走、年賀状印刷にかかり始めなけらばならない、

やけのやんぱち、自暴自棄、思いついたどんでん返しの裏技が…
「3.5インチフロッピードライブを搭載したWindowsもしくはMacで読みだした「郵便番号データ」をシリアルケーブルでX68030に転送できるのではないか?」という最終手段
まさに本末転倒な話ではあるが、もうそれしかない、G3の200Mhzなどという、X68030とは桁違いの性能のPower MacをX68030の3分の1ほどの15万ほどで街の量販店で買い求め、一夜漬けの付け焼き刃でなんとなくの操作方法をかじって「郵便番号データ」の読み出しには成功、
だが、どうしてもこのデータがRS232Cケーブル経由でX68030に移行できない、少し時間をかければMacからシリアルケーブル経由のデータ書き出しプログラムを作れたのかもしれないが、所詮一夜漬けでは限界がある、X68030側のデータ受け入れ画面は入力待ちだが、Mac側がどうしてもX68030を認識してくれない、そうこうしているうちに年の瀬は迫っている、うちだけならまだしも、同じく私の顧客管理システムを使っている友人たちにも「年賀状印刷を待って」もらっているのだ、

結局、シリアルケーブルをつないでのデータ移行を断念、15万のMacが無駄になってしまった、
だが、まだ打つ手はある、一部の「マニア」の中で垂涎の的だったアイテムがある「ZIPドライブ」だ、フロッピーと同じような外観ながら、1枚で当時の私のX68030のHDDを凌駕する100Mバイトの容量を持つ夢のような記憶媒体、これはシリアルケーブルでX68000と繋がることがすでに知られていて、低速ながらHDDがわりに使っている人の噂を聞いたことがあったような気がしたのだ、そしてこれはMacの高級機には標準装備されていた、だったらうちのお安いMacでも使えるのではないか?
もはや15万の初期投資の損切りができない投資家と化した私は、この海の物とも山の物ともわからないZipドライブを「Macの中に取り込んだ郵便番号データをX68030に運ぶだけの箱」として追加購入したのだった、確かメディアも含めて4万弱だったかなぁ、

まぁ、それだって一筋縄ではいかなかったのだ、
「X68030とMacがZipディスクにそれぞれ不可視属性ファイルを書き込んでお互いの勝手なアクセスを阻害していること」に気づいて対策できるまでに数日を要した
おおよそ20万円の散財の末に、この年の年賀状印刷を無事済ませることができたのだ、

だが、まだ、私にとってのメイン機はX68030であり、Macはイレギュラー的に購入したセカンドでしかないはずだった、

そして、甚だ遺憾なことに、皮肉なことに、Macの使い方を覚えるために購入した数百円のMac専門誌の付録のCDーROMに、7桁の郵便番号データも、「簡単年賀はがき印刷セット」とかいう名の住所録ソフトも無料で収録されていたのである、

翌年、ついに私は広大なMacintoshの大海へと漕ぎだす事になるのだった…

次回、Power Macintosh 4400編に続く…

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 4月 24日

田中芳樹を泣く

銀英伝以来の田中芳樹ファンの私としては,夏から放映されていた薬師寺涼子の怪奇事件簿をHDに録画して欠かさず観ていたのだが(最近はやりのラノベ…

animusic再び

前回の投稿のリンクからムービーを観たよしひろに「どう観ても人間にしか見えない」と、突っ込まれ確認してみたらリンクミスでパット・メセニーのPV…

懲りないやつだなあ…

M・ジャクソン、日本の子供たちに「アイシテル!」 いや、知ってる、お前それですったもんだしただろ? …

ただいま!

沖縄から帰ってまいりましたm(_ _)m 三崎を出発した月曜日早朝は、長袖を羽織りたいくらいの寒さ、それが那覇空港についたとたんすでに真夏…

ポセイドン

昨日の番組欄,テレビ朝日で 日曜洋画劇場「ポセイドン〜史上最悪の大転覆」とあった この夏公開の「ポセンドン」は最近DVDがリリースされたばか…

あけましておめでとうございます

はやいもので又一年のはじめです この項を書き始めてから8年目、ブログにしてから2回目の正月です  「悩み事も、問題も、借金も、みんな一緒に年…

トンボ玉

毎年、夏休みの家族旅行の際には,何か思い出に残るように「体験教室」のたぐいに挑戦する事にしていて,一昨年、陶芸教室のろくろで家内が作った夫…

やっぱ,お前が好っきゃねん!

実家に帰っていたiMacが帰ってきた.... ドライブ交換だけとはいえ,結構迅速な対応だったな.... やはり,今更G3のiBookには戻れ…

ページ上部へ戻る