これから書くことはただの戯言、
学のない、田舎の漁村の漁師の親父の思いつきです、
マジレスとかやめてね、

先日、経済産業省は原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分ができる可能性のある地域を示した日本地図「科学的特性マップ」を公表した

国土の7割がそれに該当する一方で、福島や六ヶ所村がある青森は「候補にない」とのことだ、

(こんな言い方したら大変失礼だけど)すでに核で汚染されている地域は除外して、それ以外に新たに核の汚染地域を作るというのは、感情論ではわかるんだけど、現実的ではないと言わざるを得ない、

どこに持って行ったってみんな「嫌だ」って言うだろうよ、仮に自治体の長が受け入れを認めたとしても、10万年先まで関わる話を今生きてる者の独断で決めていいのかね?

10万年だよ?

じゃぁ、どうするんだよ?

今から、バカみたいな、小学生かお前!みたいな、とんでもない意見を言うけど、笑わないでね、

「ロケットに核のゴミ積んで宇宙に飛ばしちゃえばいいんだよ!」

…あ、笑った、だから言ったじゃん、バカみたいな意見だって、

「落ちたらどうすんだよ!」

「宇宙に核を持ち込むのは国際法で禁止!」

あ、だから、最初に言ったじゃん、マジレスしないでって、じゃあ、いったんこの意見は引っ込めます、現実的な方法を考えよう、

すでに、フィンランドで作られている最終処分場は「オンカロ」とか呼ばれていて、早い話がふか~い穴を掘って埋めちゃえ!ってことだよね、

地震が多い日本で、地中に埋めても地殻変動でどうにかなったらどうすんだ!ってのが反対してる人の意見だよね、なんたって10万年も先までの話だからね、

でも、いちばんの問題は、「掘り起こしたくなるんじゃね?」ってことじゃないかな、

どんなに深く掘って、どんなに頑丈に塞いでも、今の技術で開けて塞いだ穴なんか未来の技術を持ってすれば簡単に開けられるんじゃね?

「なんでわざわざ核燃料を埋めた穴なんかほじくるんだよ」って言うけどさ、なんせ相手は10万年先までの話だよ?

今日埋めて、明日はみんな知ってるよ「そこに核のゴミが埋まってる」って

でもさ、どうやって10万年先までそのことを伝えるのさ、紙に書いておく?

役所が代々申し送りする?

この先、原子力発電所がどうなるかはわからない、すでに脱却に向けて動き出している国は多い、日本はどうする、まだ続ける?続けるにしたって、数十年、数百年で核燃料も枯渇するかもしれない、もっといいエネルギーが開発されるかもしれない、そのあとは原子力発電という技術自体が失われた技術になる可能性は高い。

すでに核融合、核分裂なんていう技術自体に依存しない未来の世代の人たちがさ、地中に「何が埋まってるんだろう?」って興味を持たないと言える?

そうならないために入り口に書いておく?

「この蓋は開けちゃダメ、大変なことになるから」って、

日本語で?

英語で?

それ、数千年、数万年先まで言語として通じる?

例えば、戦国時代「信長が家臣に向けて書いた手紙」なんてさ、どこぞの博物館とかに展示してあるけど、一般人はほぼ読めないよね、専門家の人が「おそらくこういうことが書いてる…」なんて解説していても、あくまでも説であって、本来何が言いたかったのか、時が経つと分からなくなるよね、たかだか数百年前の文章なのに…

うちの爺さんが現役時代に使っていた手帳、魚の釣れるポイントが書いてあるのかしれないけど、まぁ読めないしね、俺が書いた字なんか、三日経ったら俺だって読めないしね

例えばエジプトのピラミッド、ファラオの墓の前にだって書いてあったと思うよ、「この墓を荒らすものには災いが…」的な警告がね、

でも、開けちゃったじゃん、

たかだか4~5千年前のことだよ、

それ以外にも、世界中のありとあらゆる遺跡をほじくり返してるじゃん、私たちは。

その子孫だよ、絶対にほじくり返すよ、

「それはそいつらが悪いんだから俺たちの責任じゃない」って言うなら、埋めたりしないでそこいらに放っておけよ、近づいた奴が悪いんだって、

んで、もう一回、最初に言った馬鹿みたいな意見を言うぞ、

「万が一、墜落した時にも大災害にならない程度の少量ずつの核のゴミを、万が一墜落しても破損しないような頑丈な容器に入れて、スペースシャトルのような機体でラグランジュポイントに飛ばして集める、

一定量がたまった時点で使い捨て型のロケットに積み込み、正確に太陽に向けて飛ばし、太陽の熱で焼却する」

10万年土に埋めるなんて話と、どっちがバカみたいかな?

もう一度いうが、くれぐれもマジレス禁止、冗談だから、たわ言だから、ただ、それほど間違ったことは言っていないのでは?

という自覚もあるけどね、