前にも何度か書いたと思うのだが、わたしのつくえにはMacが2台乗っている、

メインの作業用のiMac5kと、Fax送信専用の古いタイプのMacminiだ、釣具屋さんの店頭に張り出してもらってる釣果FaxはMacで製作してそのまま送信している、以前は一台のMacでまかなっていたのだけど、数代前の買い替えの時点でMacからFaxモデムが消え、外付けモデムでしのいでいたのだが、osが64ビットカーネルになった時点で 送信用のソフトの開発も止まった、

 

普通の家庭用Fax付き電話機で、100件からの釣具屋さんに手作業で送信するというのは現実的ではない、グループ送信対応の業務用Fax機も視野に入れたりはしたが、最も簡単なのが、appleがまだFaxモデムを内蔵していた頃の古き良きMacを中古で買って手持ちの送信ソフトをインストールするという方法であることに行き着き、今に至っている、

当初、60cmの小さなパソコンデスクで作業していたこともあり、1日に一度だけ、Faxの原稿を送信するときに起動するだけのMacのためにモニターを設置する場所がなかった、
茶の間のテレビにつないで必要な設定をした後は、「画面共有」機能を使って、iMacの中にMacminiの画面をLAN経由で写して作業していたのだが、

少し前からMacminiの挙動がおかしい、どうやら設定ファイルの一部を間違えて書き換えてしまったらしい、一度osをインストールし直したほうがいいかな?っとなって行き詰まった、
「画面共有」機能はそれぞれのMacが起動した状態でお互いを認識するのだから、インストールディスクで立ち上げてインストール中のMacminiはその恩恵を受けられない、
「インストールをしている間だけ」はMacminiにディスプレイが必要になるが昨年買い替えた茶の間のテレビには古い方式のD-SUBコネクターなど付いていない、
amazonでHDMI~D-subの変換コネクターやケーブルを検索して、とりあえず安いやつで試してみるがうまくいかない、次はちょっと値段の高いので試し、さらに高価なケーブルで試しを繰り返すもどれもうまくいかない、
どうやら、どれもHDMIがついたパソコン、ゲーム機から旧式のディスプレイへの変換を想定しているようで、その逆はダメのようだ、
双方向の変換に対応している変換器は約6000円、それまでに試したケーブルと合わせると1000円を超える…

「あれ?モニター買ったほうが安いんじゃね?」


調べれば最も値ごろ感のある20インチ前後のモニターは新品でも8〜9000円代、
これ買って、インストールだけ済ませたらオークションで売っちゃえばいいんじゃね?
幸いなことにうまく作動しなかったケーブル類はamazonが返品を受け付けてくれる、acerの19.5インチモニター9200円を注文する、翌朝には届く、昼過ぎにはインストール終了、
なんだったんだ、この数日のバタバタは?

ただ、以前と違って今の作業机は150×150cmのL字型の上にさらに180cmの化粧ベニアを乗せて結構広め、邪魔じゃないぞ、いらないけれど邪魔じゃないぞ、
モニターの2台置きってなんかオタクっぽいじゃん!(お前が言うな!)
う〜ん、後ろ髪引かれるのでオークションに出すかどうかはちょっと保留、
(おっと、設置の時に孫2号の写真倒れたのそのまま写真撮っちゃった)

「画面共有」機能を起動する際、サブモニターで画面が立ち上がるように設定する、
じゃあ、最初からMacminiにモニター繋いでおけばいいのでは? いやいや、それだとキーボード、トラックパッドももう一組必要になる、データの受け渡しも一手間増えてしまう、メインモニターの右端をカーソルがこえるとサブモニターに引き継がれる心地よさ、

いかん、2画面状態快適だぞ

 

今までもメインモニターで通常作業をしながら、小さなウィンドウで、映画とかyoutubeとか見ていたんだけど、サブモニターに移行することで、作業中に不用意に別のウィンドウをアクティブにすると言うヘマから解放されて気持ちいい

 

 

圧巻はFainalCutProの編集、編集画面をサブモニターに分離する快感ったらないね、
なんだぁ〜これならもうちょっとでかいモニター買えばよかったなぁ、