さて、船長のひとりごと…なんて書かなくなって久しいのですが、年末くらいはなんか書かないと収まりが悪いかなぁ、と思ってみたものの…

決して良い一年とは言えませんなぁ、ベッキーは不倫する、熊本は地震、SMAPは解散と、

まぁ、世の中のことはさておいても、うちもなかなかに苦難の一年ではありました、
あしげく通っていただいてる常連さんは気がついているとは思いますが、3月頃から赤い船のエンジンが不調でありました、
メーカーさんに診てもらい「これが悪いんでしょう、交換しましょう」と言って部品の取り寄せに数週間、取り替えたものの「まだおかしいですなぁ、こっちの部品を換えて診ましょう」で、また数週間、ゴールデンウィークも夏休みも棒に振って、なんだかんだで一応の改善が見られたのは秋も深まった10月頃、実に半年近くも出ては休み出ては修理を繰り返す始末、そこそこのいい車が買えるほどの請求書は、来年以降のおいらとたくちゃんがヒィヒィ言いながら頑張るわけで、そこいら辺でも皆様の御来船をお待ちしておりますね、

7月には、おいらが船の上で転倒して肩を脱臼しました、よりによって、岸壁を孫の同級生が通りかかったところ無様にひっくり返る様をバッチリ見られて「おじさん大丈夫っすか!?」などと心配される始末、未だに茶碗程度は大丈夫ですが、カツ丼のどんぶり程度を持つのが精一杯、ラーメンは無理!
毎朝「氷ここにあるから持っていってね!」って岸壁に置いたまま手ぶらで船に乗る態度とサービスの悪さはそんなところに起因します、大目にみてください、

8月には、今度はばあさんが玄関先で転んで足の骨を折る始末、手術をして無事くっついたものの車椅子での生活を余儀なくされました、家内は今までにもましてばあさんの世話に明け暮れお客さんと触れ合う機会も減ってしまいました、

まぁまぁ、そんなこんなの悪いことも、ここ数年は新しい孫の誕生と引き換えにチャラにできたのですが、今年はなんと(まぁ、フツーそうだろうけど)新しい孫が生まれることもなく、マイナスはマイナスのまま年を越さなければなりません、

いい年を迎えようねぇ〜って思っていた矢先、養護施設から里帰りしている弟が今朝から熱を出して寝込んでいる、ばあさんも「具合が悪い」と夕飯も食わずに寝てしまうし、
毎年恒例の元旦の新年会は中止、え?明日おかゆすか?

どうなるの2017年!

皆さんは、よいお年をお迎えください