459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
459fb31e3725f912278282c59e5bbb90
メルマガ購読・解除
読者購読規約

© 三崎港えいあん丸 All rights reserved.

1999年のひとり言

1月5日
取りあえず動くというのが、正直な感想か
昨年11月末に、ホームページの開設を宣言して、1ヶ月、それなりに感慨深いもの
が有る。目の肥えた方々から見ればなんとも稚拙な出来だろうと思う。
やっている内に欲が出てきて、あれこれ懲り出すかも知れないが、シンプルイズ
ベスト、レスポンス第一と言えば免罪符にもなる。
この日誌には、特に釣りに関わらず、すき放題書こうと思う、読んでいただく事を
前提としないので、文体も繕わない。
目下のところ、悩みの種は参加船宿の出足の遅さか
大漁港を見ると、えいあん丸しかいない、さらに、いくつかの船宿が参加予定だが
2月1日を正式開設予定としたため、船宿からの原稿が間に合わない。
こちらも、本業の暇を見て、参考書片手にポツポツやるつもりだったのだが
幸か不幸か、昨年末は釣り客の出足が悪く暇を持て余し、こちらの方は捗った。
今月中には、体裁を整えたい。

1月21日
日誌、と命名した割には、2週間以上も間があいてしまった。
催促したとたんに、みんな一斉に原稿もってくるんだもん。
テキトーに頼むよ..なんて大津のかた、
お任せします..なんて毘沙門の君、なんか、もの足りないでしょ….
いずれ、訂正したいところは、言ってちょうだい
北条湾の彼は、イラストの才能有り、ホームページにはボタンぐらいしか
使えなかったけど、彼が描くこの業界の面々の似顔絵は、まさに、爆笑もん
いずれ、描くほう、描かれるほう双方の許可のもと、公開の機会を持ちたい。

2月14日
さりげなく、日誌という言葉をはずした。
月に2回程度しか書き込めないのでは….
今日は、バレンタインデー、みなさんは、本命、あるいは義理にありついただろうか
私はといえば、家内と、娘3人、妹と、近所のお嬢さん、こんな時は皆、
なかなかに義理堅い、もらったからといって、ときめくこともない、
明日には、ほとんど、くれた本人が食べてしまうのだ…
(それで3倍返しって、おまえら…)
日曜日ということもあって、会社勤めの方々は不作に終わったか、
気は心という、昨日今日のお客さんには、義理チョコを配らせてもらった
最初、娘に、「セーラー服で配って」と頼んだらさすがに
「お父さんヘンタイ!」と、怒られてしまった….ただのサービスではない
受け取ったからには、ホワイトデーまでに、3倍返しならぬ
3回通ってね…の気持ちが込められているのだが…さて?

2月19日(いやもう20日か….)
このサイトはもとより、あちこちに書きまくったのだが、まだ、書き足りない
マックワールドエキスポのことだ
1月のサンフランシスコではimacのマイナーチェンジとnewG3さらにVGSと
話題満載だったが、このtokyoではどうだ? なにしに来たの?と言いたい
ノート型imacは出てこない、当初サンフランシスコで発表と言われていた
クイックタイム4.0もお預け、久しぶりの来日に手みあげなしとは….
まさか、夏のニューヨークまでお預けじゃないだろうな…
娘の高校入学祝いにと当て込んでたのに…ビルのところのは、黒かシルバー
ばっかでかわいくないんだな…..
そういえば、発表と同時に予約したnewG3もまだ届かない…
大丈夫かぁ….息切れするなよスティーブゥ〜….
あ、もう寝ないと….起きる時間になっちゃう….

2月20日
最近新店さんの釣果が更新されませんが….と、メールをいただいた
実は、新店さんの若船長、(巨匠の似顔絵にもあるとおりロンゲに人なつこい
笑顔がなかなか魅力的な青年なのだが)本日、結婚式を挙げた
そんなわけで、ここ数日、お休みしていたわけだ
既婚者の先輩として、最後の最後まで、「やめといたらぁ〜」と言い続けたが
ついに、彼も奈落の底に落ちたか…..お嫁さんとも何度かお会いしたが
明るく、気さくなお嬢さんである、これから、新店丸の若い女将さんとして
船宿をもり立てていくことと思う、お二人の末永いご多幸をお祈りする

3月2日
春の足音とはよく言ったものだが、このところ、南風のせいもあって
暖かい日が続く、そして、今年も地獄の使者が現れた
杉花粉である、今年は、例年に比べて少ないと言われているが
とんでもない、この苦しみは、花粉症の人にしかわかるまい
何せ、鼻が詰まって、息ができない、寝ることもままならない
食事をするにも深呼吸して、大きく息を吸い込んで、口の中に
食べ物が入っているうちは、息を止めているのだ…アジなんてわからん
ここ数日の報道を見ていて、医学の進歩には感心するばかりだが
どうか、こっちの治療法も早く何とかしてもらいたい….
私は、横須賀市逸見と言うところの生まれだが、近くに、三浦按針
ウィリアム・アダムスを奉った、按針塚、塚山公園がある
もう少しすると、山中が桜色に染まることだろう
小さい頃から、大好きなところだが、花粉症になってから行ってない
思春期の、甘酸っぱい想い出もあって、今どうなっているのか気になるのだが
かといって、ほかの季節に行く気にはなれないのだ….

3月22日
まさに、神の領域….
恐ろしいほどの速さ…長々と待たされ、土壇場でバタバタしたが
すべてを許してしまう…..
スーパーサイヤ人になったゴクウか?
スタンドに目覚めたジョジョか?
ドカに乗ったときの巨匠はこんな気分なのだろうか?
ただ…もうちょっと小さくてもいいよな….
省スペース化が進む、あっちのPCとは、エライ違い
まっ、私の作業場があまりにも狭いせいもあるが……

3月30日
やっとの事で、FAXサービスの開始までこぎ着けた
実は、ここまでは、Fman.net開設の時から計画していたのだ
ただ、参加いただいた船宿さんが予定より少なくて、資金不足とか
作業用に注文したG3macが届かなかったりと紆余曲折で、
今まで遅れてしまった。
先行して開設されているよその船宿のホームページを見るにつけ、
なんか、ただ釣果を垂れ流してるだけ、自己満足だけ、そんな気がしていた
始めるからには、効果を期待するし、もっと積極的に展開したいと思っていたし
今後も、そのつもりでいる。
Fman.netは、ホームページ、メールマガジン、FAX情報
この3本柱により、新聞紙面より早い情報の配信をほぼ、完成したと自負している
後は、みなさんの参加により、双方向性のある楽しい情報交換の場を形成したい
と、考えている、また、ほかにもいくつか、温めているアイディアはあるのだが
息切れしないように、進めていこうと思う。
釣り雑誌「フィッシング」が、廃刊となるそうだ。
他の分野でも、雑誌の廃刊、月刊誌の季刊誌化が相次いでいる
インターネットを含む新しいメディアの台頭で、従来の方式が即、陳腐化することは
無いだろう、ラジオ、テレビが普及しても、新聞が無くならないのは当然だ
一昔前、SFの中で見た、電子新聞は、今は当たり前の物になったが、
だからといって、やはり紙の新聞は無くならないのだ
だが、新旧のメディアは、その特性を生かした棲み分けがなされるだろう
ペーパーメディアの弱点は、印刷と配達にかかる時間とコストの2点につきる
速報性、即時性の求められる情報は、新メディアへと移行するべきだし
実際そうなるだろう、そのとき、新しい価値観を見いだすことができる旧メディアは
存続を許されるし、それ以外はその役割を終えるだろう。
価値観とは、それを見いだす者の方に、より資質が問われるのだ
「役に立たない、効果がない」と、言ってしまう者は、むしろ逆に
役に立てる技量がない、効果を得るだけの才能がない、と自らを暴露していることに
留意しなくてはならない。

4月15日
祝一平氏が死去された、4月2日のことらしい
2週間近くたった今日まで、私はそのことを知らなかった
初めて、コンピュータに惹かれたあの日、本屋で手にしたoh!MZに
氏の、軽妙で、それでいて、含みのある文章があった。
コンピュータなんて、そんな固っくるしいもんじゃないよ….
そんな気がして、最初の一歩を踏み込んだ。
ジョブズでもゲイツでもなく、私は、祝一平にあこがれた。

ああ、たった、これだけ書くのに、何時間もかかってしまった
そもそも、それ誰?、普通の人にはそういわれるか…..
一つ一つのエピソードをあげても、氏の本質は語れない
しかも、こちらが勝手にあこがれていただけだ、直接にはお会いしたこともない
師匠と崇め、先生と呼ぶと、「今度、私をそう呼んだら、質問には答えない」
などといわれ、畏れ多くも「祝の旦那」なんて、呼ばせてもらった。
今日発売のoh!Xに、氏の最後の原稿が載っている。
相変わらず、「その筋」してますね…..これ、遺言ですよね、祝の旦那!
ご冥福を、心よりお祈りする

4月26日
5日ほど前、新しい、ディスプレイが届いた、iMACに似たやつだ
感動したのは、箱から出したときだけ、ユニークなデザインだが、私の作業場は
畳1畳ほどしかないので、真っ正面からしか見えない、前から見ると、ただの白いモニターだ…
使い初めてすぐ、縦横に走る細かい線が気になった
最初、色の調節が悪いのか?などとあれこれ試したが、直らない
解像度を変えても、全く同じところに出るので、これは、ブラウン管の不良か?と結論
アップルのサポートセンターに問い合わせたところ「上下、10センチくらいのところの横線ですか?」
「そうです、」と私、何でも、構造上の問題で必ず出るらしい、今までのアップル製ディスプレイでも
多少はあったのだが、今回の製品は、今までより濃く出るので、問い合わせが続いてるとか
あきらめるしかない、今までは、他社製のもの、しかもかなりフンパツしたので,そんな事はなかった
ディスプレイの価格は下がりつつあるとはいえ、今までのものと思えば半額だ….安かろう何とやら
….と、話はそこで終わらなかった…..
「それじゃあ、縦に入った線もそうなの?」と私….
「それは、運送途中で箱が揺れたりすると、中の走査線がくっついてしまうんです….」
「これも、あきらめるしかないの?」
「いえ、これから言うとうりにしてもらえば直ります….」 「はあ….」
「まず、布巾か、雑巾ありますか?」 「え…っと、はい、ここにあります」
「それを、ブラウン管の線が見えてるあたりにあてがいます」 「あてがいました…」
「その上から、拳で、たたいてください」….って、おいおい!
しかも、ホントに直ったよ….だいじょうぶかぁ….アップル….スティ〜ブゥ……
これ、実話です、デスクトップ全体を白一色にして、何となく、画面に縦線が入ってるようなら
一度おためしあれ、ただし、たたきすぎて壊れても、責任は持てない、だけど、本当に実話です

5月29日
40の手習いというわけでもないが(しかも、まだ40には間があるが)
ふと、思い立って、タッチタイピングを練習し始めた
元々、コンピュータをいじり初めて20年近くなるが、はじめからずーっと独学で
タイピングに複数の指を使いはするが、手当たり次第にあいている指で近くのキーを叩くという独自の方法
(悪癖とも言う)が、身に付いている、それでも、そこそこ早いよと、うそぶいていた
当然、タイプ中は、モニターなど見ない、正確にタイプすればモニターなど見る必要はない...理屈
時には、キーボードの上で、右手と左手が交差する始末、ま、別に良いんだけど.....
さすがに、20年の癖は、手強い、この文章も行儀よくタイプしているが、いっこうに、先に進まない
手元を見ずに、すらすらとタイプできるのはいつの事やら

7月30日
ゲゲゲ.…このところ、全然書き込みしてなかった
なんと言っても暑いのだ、3階の書斎…見栄を張るときはそう言うが、実際は屋根裏だ
しかも、屋根裏部屋ではない、屋根裏部屋に上がるための階段をつくった時に
構造上余った、階段の脇の畳1畳ほどのスペース、ここが私の仕事部屋
高さも、一番高いところは180cmあるが、屋根裏なので、両端は60cmしかない
この限られた隙間に、G3MAC,17インチモニター、かなり大きめのレーザープリンター
ふつうのカラープリンター、フラットベッドスキャナー、FAXと電話機2台とルーター
モニターの切替機、ZIPドライブ、スピーカー、ドリームキャスト、が並ぶ
それぞれは、娘の2段ベッドを壊した際の廃材で自作した机に乗っている
さらに、開いたところに本棚や引き出し、物入れ、小物入れまであって、私の座る隙間は
F1カーか、戦闘機かといた感じだ、春先までは、妙に落ち着いていい感じだったが
今の時期、サウナいりませ〜ん状態である、
毎夕、机に向かい、釣果の更新や、かわら版の配信を済ませると、水浴びのため風呂場にダッシュ
この項を書き込む余裕などなかったのだ….
それにしても、この仕事部屋、いずれ写真等で公開しようか?
今日は、なんで書き込んでいるか…風があるので少しは涼しいのだ

又、いつ書き込めるか判らないので、もう少し書いておこう…..
最近、バイクを購入した、250ccの中古だ
長男が車の免許を取り家内の車を占領している、仕方なく家内は私の車で買い物などに出掛けると
私は、近所のコンビニや本屋に行くのも事欠く有様…..仕方なく普段の足に….
というのは、表向きの建前、ず〜〜〜っと欲しかったんだ。
でもね、そろそろ、40の声も聞こえるようになった一家の主がバイクなんて…..
世間体とか、周囲の反対とか、しがらみは十重二十重…..
家庭を持つと言うことは、そういった欲望をあきらめる、ささやかな幸せで満足したふりをする
そう思って、良い亭主、良いお父さんを演じてきた(つもり)みんなそうだよね…..
そういった呪縛とは無縁の男がいる、自由に、勝手気ままに生きてるように見える
彼には彼の苦悩もあるだろう、でも私には、うらやましく見える
私が家庭と引き替えに捨ててきた物を、彼は、まだ持っている……..などと悩むこと数年

「まったく、ごちゃごちゃとうるさいったらありゃしない、おもちゃほしがる子供みたい
ほしけりゃさっさと買えばいいでしょ!、よっぴろくん引き合いに出さないで、
その代わり、自分の小遣いでまかないなさいよ、休みが欲しいなんて愚痴言うなよ」
とは、家内の弁…..しめしめ…..(^_^;)

8月20日
あ〜〜〜〜暑い、この場合の、「あ〜」は、あ、に濁点をつけたい…..
昔、まだパソコンが8ビットだった頃は、濁点は、一文字として扱ったので、が、や、ば、だけでなく
あ、にも、ぬ、にも、隣に濁点をつけることができた。
この、あ、に濁点をつけた、あ〜〜〜こそが、このくそ暑い状況を正確に表現できるのだ
macにしろ、winにしろ、基本osをアメリカに依存していることの弊害か?
濁点付きの「あ」が表示できないパソコンは、明らかに退化ではないか?
あ”〜〜〜〜〜、暑い!!!……ま、こんなところで妥協か……

9月1日
くっそ〜〜〜〜〜〜ちっくしょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
iBOOKもほしいけど、G4もほしいよ〜〜〜〜〜〜
スティ〜ブゥ〜…..来年じゃなかったのぉ….G4……
また、カラーリングがいかすよね….さっきまでお気に入りだったブルーベリーのG3
急に色あせて見えるよなあ…….でも買わないぞ、今は買わないぞ……あ、下取り….とか?
イイヤ、今年は我慢、借金終わるまで我慢…..あ、しかし、いや………う〜ん

11月5日
なんだか、2ヶ月に1度の書き込み、夏の頃は、暑くて書き込みが出来ないなんて書いたが、ウソじゃん
涼しくなっても、書かないじゃん、つまり三日坊主の日記じゃん…..はいはい、その通り….
横須賀散歩
先日、眼鏡が傷だらけになって、レンズの交換に横須賀まで出て行った
「加工に2時間ほどかかります」と言われ、暇をもてあそぶことになった
眼鏡無しでは、映画も本の立ち読みもダメだ、普段なら車に戻って、音楽聞いて…となるが
その日は、バイクで出掛けたので、それもできない、仕方ない、散歩でもするか…..
横須賀中央の駅から、三笠通り商店街を抜ける、途中、ミニFM局の前で足を止める
知った歌がかかるわけでもなさそうなので、通り過ぎる、国道16号に出る一つ手前の道を
左にはいると、どぶ板通りだ。小学校から中学の頃、もっぱら遊び場にしていた
その頃は、通りの端から端までいかがわしそうな飲み屋が並んでいた、
店の外は、原色の派手なネオンや看板で飾られ、さらにその上から、雑誌のグラビアやポスターの
裸の写真が貼り付けてある、もちろん店の中には、そのような女はいない、辛うじて、生物学上は
同じ性別の生き物が、ケバイ化粧で対応するのだ、ずらりと並んだその手の店はみな混んでいた
白人兵は、たいてい汚いジーンズとチェックのシャツとか、Tシャツ、それに引き替え黒人達は
みな、格好いい服に、きらきらしたアクセサリーをつけて、着飾っていた、すげーいかしてた
1ドル360円の頃だ、地元の店が多少ボッタところで、対して響かなかったのだろう
そんな中に、ホンキートンクはあった、フラワートラベリングバンドとか、売れる前の渡辺真智子とか
ここで腕を磨いたんだぜ!、なんて言われて連れて行かれた店の2階にいつもくすぶっていた売れないバンド
サンタナとか、クロスビースティールス&ナッシュのコピーとかやっていた、
リーダーのオサムさんにギターを習った、でも本当は、キーボードのお姉さんに会うのが楽しみだったことは
とうとう言わずじまいだった、お店があった場所は駐車場になっていた、その後、バンドのメンバーを
テレビなどで見たことはない、今はどうしているのか?、
ホンキートンクだけではない、どぶ板の飲み屋はほとんど、無くなってしまった、昼間歩いたからわからないが、
残っている店の営業してるようには思えない
朽ち果てた、飲み屋の廃屋の間に、マニアックな軍服を売る店や、若者向けのおしゃれなジーンズショップが並ぶ
どぶ板はもう、どぶ板ではない、横浜のどこかお洒落な町並みを真似た出来の悪いコピーだ、
そんな中、昔から生き残っている店を発見した、刺繍屋の「大将」漫画の切り抜きや、バンドのステッカーを
持っていくと、何でも、見事に刺繍してくれた、対立しているはずの暴走族のメンバーが「大将」の前で
注文の順番待ちをしながら、雑談する….不良どもも、今よりのんびりしていた
懐かしくて店をのぞいたら、ミシンを踏んでいたのは別の人だ、もう二十数年前の話だ、あのおやじ引退か?
しばらく歩くと、汐入の駅に出る。
駅のそばには大きなホテル、昔、ここにはEMクラブがあった
米軍兵士と一部の自衛隊員だけが入れる会員制のレジャー施設、知り合いの米兵に連れられて
何度か入ったことがある、でっかいコーラや、でっかいステーキ、当時珍しかったA4サイズの文房具
字幕のない映画や、マジックで消してないPLAYBOY….カルチャーショック、まさに……
中学生の頃、ちょっと不良していて、夜はたいてい、どぶ板を歩いていた、EMクラブの前で知らない外人に
良く声をかけられた、家まで送ってやるとか、一緒にメシくわねーかとか、外人って優しいなぁ
それとも、誘拐されるのか?なんて思っていた、男にナンパされていたと気がついたのは、かなり後になってから
あの時ついていったら、別の人生歩いているかも…….
16号沿いを横須賀の町に戻るように歩き出す、ビデオの安売りの店、ここは確か昔ポスターを売っていた
ショウウインドウには、イージライダーのピーターフォンダ、ジーンズ姿の梶めいこ、女の子のセミヌード
栗色の長い髪の女の子、横向いて、写っているのは上半身だけ、裸だけど、薄い、シルクのようなものを纏ってる
両手を、おへそのあたりでつないで、うつむいて、笑ってはいない、でも、悲しそうではない
あのポスター欲しかったな、誰か心当たりありませんか?、今の説明じゃわからないよな…….
さらに歩くと、「マミースナック」、ここも米兵と不良のたまり場だったけど、外装はそのまんま、
でもカラオケボックスになっていた、時代かな……
さらに歩いて、ベースキャンプ入り口の前、なんと、「ハニービー」、ここはそのまんま、今でも現役
まだ、マクドナルドなんか、少なくとも横須賀にはなかった頃、ハンバーガーやピザ、タコス、チキン
アメリカングラフティに出てきそうな店、今でもそのまんま、ウインドウに書いてあるメニューもそのまま
先に昼食を済ませたことを後悔、ここで、タコスとチキンとバドワイザー、食べたかったな
しばらく考えた末に、ソフトクリームを注文、店の前のベンチに座って食べる、あまりうまくない
昔はもっとうまかったのかな、違うな、今は周りがどんどんうまくなってるだけだ、ここは昔もこんなもんだ
中学生だった当時、マイクという名前の米兵の友達がいた、彼は、第7艦隊のカリブランドという戦艦に乗っていた
船が入ると、ここで、待ち合わせてタコスやピザを食べながら、彼はバドワイザー、私はコーラ、
片言の日本語と、片言以下の英語、話が通じていたような、いなかったような
ある日、マイクが、自分のジッポのライターをくれた、第7艦隊の紋章とカリブランドのイラストが描かれていた
「兵役を終え、国に帰る、だから記念にやる」…..そう言われて、「わっ、カッコイイ、サンキュー」
お互いの住所も聞かず別れた、もう2度と会えないことにその時気がつかなかった、
運が良ければ、また会えるさ、グッドラック!、そんな別れかたがかっこよかった、
私よりは、だいぶ歳上だったから、そろそろ50か?40半ばか?
アメリカの片田舎で、休みの日にバドワイザー飲みながら、私のことを思い出すことがあるだろうか
私のほうは、あのジッポのライター、二十歳よりかなり前、何度目かの禁煙の誓いの時、ゴミ箱に捨てたなんて
言えねーよなぁ………

11月13日
出る釘は、打たれるか?、今回の、米連邦地裁によるマイクロソフトへの独占認定は、何とも後味が悪い
始めに、独占との認定ありき、ではないか?、私は得に、マイクロソフト嫌いでも、ひいきでもないが
OSと、プラウザーを同じ会社で開発したのだから、他社製のものを組み込んだ場合よりも
使いやすいのは、ごく当然の話しだし、それを売り物にして何が悪いか?
と言うより、今はすでに、プラウザーはOSの機能の一つとして、吸収される方向にある
今、インターネットにつながらないコンピューターは、機能を果たせないし
プラウザー無しで、インターネットから情報を引き出したり、ファイルをダウンロードするのは
日常的に当たり前の機能となった、今更、OSとプラウザーをセット販売したとは、言いがかりも良いところだ
昔、MACが発売されたとき、MS−DOSのコマンドのややこしさは過去のものと言われた
マイクロソフトが、ウインドゥズ1.0を出したときも、MACユーザーは鼻で笑ったものだ
だが、バージョンアップを重ねるごとに、ウインドゥズは良くなっていったし、シェアも増えた
アップルがコープランドの開発に手間取っている間に、ウインドゥズはシェアを独占した
これは、企業努力だろ?、今回の件でも、少し前まで、シェアの過半数はネットスケープだったはずだ
私が、MACを使うようになって、まだ2年足らず、最初に買ったMACには、ネスケがついてきた
雑誌のおまけなどについてきたIEを使っても、細かいところで、ネスケのほうが使いやすかった
しかし、バージョンアップを重ねるごとに、使い勝手も、速度の点でも、使用メモリーでも
IEは良くなっていったのだ、今回の独占認定は、詰まるところ
あまり、稼いではいけませんよ、儲けてはいけませんよ、と言うことか?自由競争が聞いてあきれる
マイクロソフトが、市場を独占しているので、50ドルでできるはずのバージョンアップに
ユーザーが80ドルも払わされているとか?、バージョンアップが50ドルに値下げされれば、
さらに多くのユーザーがバージョンアップをして、マイクロソフトのシェアはもっと上がるじゃねーか?
こりゃ、言いがかり以外の何もんでもないな、ヤリ過ぎちゃったねビル君….

11月25日
デジカメを買ったので、いろいろ試し撮りしているが、いつかこの項で書いた、仕事部屋を公開しようと思う
別に、見てくれなくても良いですけど、ここです,…..

12月1日
さて、師走である
師走の常として、一年間の出来事、十題ニュース、今年の顔….等々、あちこちで聞くわけだが
1999年の背負ったサガか、今年はこの100年を振り返ってとか、1000年を…..など
いつもの年末よりも、守備範囲が(99年〜999年も)広いのである
今年に限って言えば、ダントツのはずのヒカル嬢も100年前までさかのぼると元祖お嬢には….
松坂君も上原君も沢村君相手では、なんせ相手が化けて出る可能性があるので、タジタジである
さらに、1000年代を振り返ってなどと言い出すと、そりゃビートルズって言うけど
チャイコフスキーやベートーベンにファンクラブがあったかどうか?公正は期せない
しかし、良いのだろうか?今年こんなに盛り上がっているあれやこれやは、本来、来年まで
取っておくべきではなかったか?、来年になって、20世紀を振り返って…なんて企画やっても
ほとんど今年の焼き直しである、本来、来年は、数字的に区切りは良いね、意外なんでもない年なのだ
再来年、本命の21世紀が来る前に、騒ぐネタがなくなるではないか
そもそも、2000年!、なんて良い区切りなのに、まだ20世紀だよ…..と言うのがどうもナニである
昭和天皇が御崩御されたときの混乱にもにている、つまり…..
え?、今日からは平成元年なの?昨日生まれた人は昭和生まれなの?….と言う、アレだ
そもそも、あの時だって、良いじゃん、もう昭和64年で始めちゃたんだから、来年から平成と言うことで
などと発言する気の利いたものでもいれば、混乱なく…….おっと、
あるいは、すでにお体を壊されて御公務のすべてを当時の皇太子(今の天皇ね)に任せておいでなのだから
もっと早い時期に、わたしもう隠居ね、後はおまえ頼むよ、なんて制度があっても良かったのだ
ただ、あの時は、一国の天皇が御崩御されたのだ、国民たるもの、多少の混乱などいとわないが、
今回の場合、相手はもう千九百数十年前に死んでいるのだ、よその国の人だし….まったくもう
キリスト生誕を西暦1年としたヤツ、おまえのおかげで、み〜んな迷惑してんだぞ!
西暦を0年から始めていれば、気持ちよく、1999年の今年、20世紀を振り返れたのだ

12月24日
メリークリスマス…..なんて、うかれている者がいかに多いことか
今日のかわら版は、配信の代行をお願いしているマグマグさんがスゲー混んでいるのか
どうも、送れそうにない…..年末年始にかけて、このような状況が続くと思います
届かない場合は、ホームページ上か、FAXをご利用ください
かわら版は一応、年内は30日まで、年明けは5日から配信しますが
Y2K…なんてこともあるし、状況は不明です
ホームページ、及びFAX情報は、元旦以外更新する予定です
よろしく…..

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

残念!….だけど

<ハンドボール>日本男子、韓国に惜敗…五輪切符は先送り 公正な審判の元で宿敵韓国と五分の戦いが出来た事は良かった,女子,男子ともにやはり韓国…

別れても好きな人(爆)

昨晩は、恒例の中学時代のプチ同窓会、毎度幹事を買って出てくれるN君には頭が下がります、1学年にひとり、もしくは1団体にひとり、こういうマメな…

営業だ〜その9(総集編)

今回の営業プロジェクトもついに大詰め、今までに取りこぼしていたお店を一気に回る事にしました、前回、夜の8時に武蔵村山からの帰途につくという涙…

沈黙は金なり….か?

朝青龍、帰国の途に モンゴルの温泉保養地で治療 つまり,本人がもう,うんざりしてるんだよね, モンゴルで引退表明&言いたい放題ってオチかなぁ…

思い出のコンピューター3〜X1編

前回2013年11月のブログ記事、 「思い出のコンピューター2〜MZ−2000」から2年、 1と2の間が4年10ヶ月開いたことを思えば今…

帰還

オーストラリアに留学していた末娘が今日帰国した、 思えば、震災後の余震が続く3月、このような時期に娘を一人外に出していいのだろうか?とも思っ…

思い出のコンピューター4〜MZ2500後編

前編からの続き MZ2500を入手して、最初にやらなければならないのは「顧客名簿」の制作だ、 今ならば「筆まめ」「宛名職人」を数…

今更夏休み

ここ数年、8月後半にはワラサの回遊が恒例になっている上に、今年は次女が里帰り出産で家に居たので、夏休みを取り損ねてしまった ワラサフィーバー…

ページ上部へ戻る